薄毛の原因と対策

植毛とは?費用やデメリット、種類(自毛植毛・人工毛植毛)などを徹底解説!

薄毛が気になると、薄毛の対策方法をネットなどで色々調べますが、そうすると植毛という対策方法にたどり着くと思います。

薄毛治療は投薬治療(プロペシア内服薬やミノキシジル外用薬)が、費用も安いので始めやすく一般的なのですが、植毛の費用は安くても30万円台〜と、決して安くはありません。

ですが、その費用を払っただけの効果を実感している人も沢山います。

本記事を読めば、植毛にかかる実際の費用や気になるデメリット、植毛の種類などをわかりやすく理解出来ます。

植毛とは?費用やデメリット、種類(自毛植毛・人工毛植毛)などを徹底解説!

植毛は投薬治療とは違い、それなりの費用や術後のダウンタイムなどを伴いますので、簡単に植毛をしようと思える人はなかなかいません。

まずは2種類ある植毛の違いについて解説していきます。

自毛植毛と人工毛植毛

植毛には2種類あり、自分の行きた毛を毛根ごと毛の薄くなった部分に移植する自毛植毛と、人工毛を毛の薄くなった部分に植え付ける人工毛植毛があります。

それぞれの植毛のメリットとデメリットを解説していきます。

自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛のメリット

自毛植毛の主なメリットは下記の3点です。

  1. 定着すれば半永久的に髪が生え続ける
  2. 治療を継続する必要がない
  3. 髪の無い部分にも髪を生やすことが出来る

薄毛治療は投薬治療(プロペシア内服薬やミノキシジル外用薬)から始めるのが一般的ですが、投薬治療はずっと続けないと効果も持続しません。

ですが、そんな煩わしさを解消してくれるのが、自毛植毛と呼ばれる治療法です。

自分の行きた毛を毛根ごと毛の薄くなった部分に移植する自毛植毛は、一度施術を行なって移植した毛が定着すれば、通常の健康な髪の毛と同じのようにずっと生え続けます。

ですので、一度自毛植毛をしてしまえば、継続的な投薬治療などを行わなくても髪の毛を維持出来ます。

また、投薬治療はヘアサイクルが乱れた髪の毛や細く弱った髪の毛を正常なヘアサイクルと健康な髪の毛に戻す効果があるため、髪の毛が残っている人に有効な治療法ですが、植毛は髪の毛が生えていない部分にも生きた毛を毛根ごと移植出来ますので、毛根が死んで完全に毛が生えなくなった部分に髪を生やすことが出来ます。

自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリットは下記の3点です。

  1. 初期費用が高い
  2. 数日間は術後の痕やツッパリ感がある
  3. 痛みを伴う
  4. 増毛を実感できるまで時間がかかる

自毛植毛は移植する髪の毛1本を1グラフトという単位で呼びます。

ほとんどのクリニックが500グラフト以上の単位から治療を行いますが、一番安い湘南美容クリニックでも500グラフトで30万円台と、安くありません。

ですが、費用に関しては、投薬治療を生涯ずっと続けるよりはトータル的に安いと言えます。

また、移植する部分の髪の毛を短く刈り上げるため、髪の毛が伸びるまではその部分が目立つのと、皮膚のツッパリ感が残ります。

さらに、自毛植毛は麻酔をかけて治療を行いますので手術中は痛みをほとんど感じませんが、その麻酔をかける瞬間がとても痛いです。

痛みはすぐに引き、麻酔が効いて手術中は痛くありませんので、ご安心ください。

また、移植した髪の毛は定着すると一度抜けてから新しく生え変わりますので、新しい髪の毛が生えるまで約3ヶ月、新しく生えた髪の毛が成長するまで約3ヶ月、合計6ヶ月ぐらい経たないと薄毛が改善されたことを実感できません。

ですが、この期間を過ぎれば、半永久的に自分の髪の毛を維持することが出来ます。

人工毛植毛のメリットとデメリット

人工毛植毛のメリット

人工毛植毛のメリットは下記の2つです。

  1. すぐに増毛できる
  2. 自分の毛が全く無くても増毛できる

人工毛植毛のメリットは、手術したその日から増毛出来ることです。

また、人工の髪の毛を使用するため自分の毛が全くない状態からでも増毛することが出来ます。

人工毛植毛のデメリット

人工毛植毛のデメリットは下記の3つです。

  1. 数ヶ月で抜け落ちてしまう
  2. 頭皮トラブルが起こる可能性がある
  3. 仕上がりが不自然になる可能性がある

人工毛を毛の薄くなった部分に植え付ける人工毛植毛は、自毛植毛という技術が出来る前までは一般的な治療法だったのですが、現在ではデメリットの危険性が高いということからあまり行われなくなった治療法で、アメリカでは州によって人工毛植毛が禁止されているほどです。

人の体は体内に異物が入ってきたと判断するとその異物を体の外に排出しようと働きます。体は人工毛に対してもその働きを行うため人工毛は植え付けてから数ヶ月で抜け落ちてしまいます。

ですので、人工毛植毛を維持するとなると定期的なメンテナンスが必要になります。

また、頭皮に異物を入れるため、頭皮が炎症を起こしたりするなどの頭皮トラブルも起こしやすいです。

さらに、植え付けるのはあくまで人工の髪の毛ですので、自毛植毛に比べるとどうしても見た目に違和感が出てしまいます。

自毛植毛と人工毛植毛、どちらがおすすめ?

これまで説明してきたように、自毛植毛と人工毛植毛にはそれぞれメリットとデメリットがありますが、基本的に人工毛植毛はおすすめではありません。

人工毛植毛がおすすめな方は、すでに自分の髪の毛がほとんど無くなってしまっている方のみで、それ以外の方には自毛植毛を強くおすすめします。

ここからは、自毛植毛についてさらに踏み込んだ解説をしていきます。

自毛植毛の種類

自毛植毛の移植方法はFUE法とFUT法の2種類がありますので、ここからはそれぞれの方法を詳しく解説していきます。

FUE法

FUE法とは、1グラフトずつ髪の毛を毛根ごとくり抜き、移植先に植え付けていくという方法です。

FUE法のイメージ

画像引用元:湘南美容クリニック

メスを使わずに髪の毛を移植することが出来ますので、術後の傷が目立ちにくく、一本一本植え付けていくので自然な仕上がりになります。

FUE法は生きた毛根を移植するため、スピードが要求される手術でもあります。

また、毛根を1つずつくり抜くため毛根を傷つけてしまうリスクがあります。

最近ではARTUSという自毛植毛専用のロボットを使って、ドナーとなる髪の毛を素早く性格に抜き取り、植え付けは手作業で行うというクリニックもあり、毛根を傷つけるリスクを減らすことが出来ます。

FUT法

FUT法は、メスを使って帯状に頭皮を切り取り、移植先に貼り付ける方法です。

FUT法のイメージ

画像引用元:湘南美容クリニック

FUT法は一度に沢山の髪の毛を移植するため、FUE法に比べて一つ一つの毛根が傷つく心配がほとんど無く、定着率も高くなります。

ですが、FUT法は切り取った部分の頭皮を縫い付けるため、傷跡が残りやすいというデメリットがあります。

自毛植毛の費用をクリニック別に比較

自毛植毛の費用は、クリニックによってさまざまです。

数ある自毛植毛が出来るクリニックの中から、費用が安くて実績のあるクリニック3院の、自毛植毛にかかる費用を比較して下記の表にしました。

湘南美容クリニック AGA治療専門のTOMクリニック AGAスキンクリニック
基本料金 0円 385,000円 330,000円
500グラフト 346,500円 44,000円 550,000円
1000グラフト 623,000円 418,000円 1,100,000円
2000グラフト 1,022,000円 1,056,000円 2,200,000円

料金は、湘南美容クリニックが基本料金が無料であり、トータルでかかる費用は最安だということが分かります。

また、湘南美容クリニックとTOMクリニックは、ARTUSを使った植毛ができるのに対し、AGAスキンクリニックはスマートグラフト自毛植毛という違いもあります。

ARTUSを導入しているクリニックの方が植毛の費用は安くなるということが分かります。

また、ARTUSは全て手作業の植毛に比べてムラ無くドナーを採取出来ますので、仕上がりもより自然に見えるでしょう。

ARTUSのドナー採取のイメージ

画像引用元:湘南美容クリニック

ただし、湘南美容クリニックでARTUSを使った自毛植毛ができるのは仙台院のみです。その他の自毛植毛ができる医院では、スマートFUE植毛という手作業でドナーをくり抜く方法での自毛植毛が可能です。

自毛植毛が出来るおすすめクリニック2選

これまでの説明から、自毛植毛が出来るおすすめのクリニック2院をそれぞれご紹介していきます。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの画像

湘南美容クリニックは、日本全国に展開している実績ある美容クリニックです。

薄毛治療に関してもカウンセリングと診察は無料で、自毛植毛だけでなく投薬治療やオリジナル外用薬などでの治療を行っています。

オンラインでは投薬治療を受ける事ができ、まずは飲み薬から始めてみようという方にもとてもおすすめです。

▼公式ホサイトのURLより、無料カウンセリングの予約ができます。

湘南美容クリニック公式サイト
公式HP

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬(フィナステリド、ザガーロ等)・・・・・1,800円/月〜
  • 外用薬(ミノキシジルとフィナステリドが配合されたオリジナルスプレー)・・・・・8,318円/月〜
  • メソセラピー・・・・・14,800円〜
  • ARTUS自毛植毛(治療可能医院:湘南AGAクリニック 仙台院のみ)・・・・・346,500円/500グラフト〜
  • スマートFUE植毛(治療可能医院:湘南AGAクリニック 新宿本院、湘南AGAクリニック 大阪院、湘南AGAクリニック 仙台院、湘南AGAクリニック 福岡院、湘南AGAクリニック 名古屋院)・・・・・396,000円/500グラフト〜

診療時間

10:00 ~ 19:00
(無休)

TOMクリニック

AGA治療専門のTOMクリニックは、ARTUS植毛だけでなくPRP治療や投薬治療など、薄毛治療を多方面から行うことが出来るを薄毛治療専門クリニックです。

クリニックは東京都の池袋院と新橋院の2院があります。

ARTUS植毛について、漫画でわかりやすく説明していますので、よかったら下記より一度読んでみてください。

マンガARTAS

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料(初診料3,000円)
  • 内服薬)・・・・・5,500円〜/月
  • 外用薬・・・・・11,000円〜/月
  • メソセラピー・・・・・49,500円〜/回
  • ARTUS自毛植毛・・・・・44,000円/500グラフト(基本料:385,000円)

診療時間

10:00 ~ 20:00
(無休)

おわりに

植毛について解説してきましたが、植毛は自毛植毛と人工毛植毛の2種類があり、自分の髪の毛がほとんどなくなってしまった人以外には自毛植毛がおすすめです。

また、自毛植毛の方法もFUE法とFUT法の2種類があり、最近ではFUE方を行うクリニックが多く、湘南美容クリニックAGA治療専門のTOMクリニックなどで行なっているARTUSロボットを使用した最先端の自毛植毛が、費用も安く移植した毛の定着率も高いのでおすすめです。

もし、まだ植毛治療には手を出したくないと言う場合は、オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 AGAスキンクリニックでの無料オンラインカウンセリングを受けてみて、投薬治療から始めてみると良いでしょう。

あなたの薄毛の悩みが、この記事によって少しでも改善すれば幸いです。