【男性の薄毛】原因・対策

つむじ割れの原因と対策を詳しく解説!

つむじ割れが気になっている方は男性でも女性でも多いのですが、ご自身のつむじ割れの原因を理解して正しい対策法を行えば、つむじ割れは治ります。

本記事を読めば、つむじ割れの原因と、原因によって違う正しい対策法が分かり、つむじ割れに悩む事の無い生活が送れるようになります。

つむじ割れの原因と対策

つむじ割れの画像

つむじ割れとは?

つむじ割れとは、つむじ部分の髪の毛がパックリ割れて地肌が見えてしまう状態です。つむじ割れになると、ハゲているように見えたり実年齢より老けて見えたりと、あまり良い事はありません。

つむじが割れてしまうのにはさまざまな原因がありますので一つ一つの原因と対策法を解説してきます。

つむじ割れの原因1.寝癖

寝癖によってつむじ割れしている画像

原因

ほとんどの方が、寝ている時は頭を枕に着けて寝ていると思いますが、寝ている間につむじ部分がパックリ割れた癖がついて、つむじ割れが起こってしまう場合があります。

対策法

つむじ割れの寝癖がついてしまったら、割れてしまった部分の髪の毛をしっかりと濡らし、ドライヤーで髪の毛を根本から立ち上げるように乾かします。

髪の毛は熱が冷めた時の状態を記憶するため、ドライヤーの温風でしっかりと乾かしたあとに、ドライヤーを冷風に切り替えて立ち上げた髪を冷やす事により、髪の立ち上がりが長持ちします。

つむじ割れの原因2.生まれつきの髪の生え方

生まれつきつむじが割れている画像

原因

髪の毛の生え方によっては、つむじ部分の髪の生える方向が左右に割れていたりして自然とつむじ割れがおこってしまう方がいます。

対策法

髪の毛をセットする際、寝癖がついてしまった時と同じように、割れている部分の髪の毛をしっかりと濡らし、ドライヤーで髪の毛を根本から立ち上げるように乾かします。ドライヤーの温風でしっかりと乾かしたあとに、ドライヤーを冷風に切り替えて立ち上げた髪を冷やす事がコツです。

つむじ割れの原因3.加齢

加齢によってつむじ割れしている画像

原因

加齢により髪の毛が薄くなってくるとつむじ割れも起こりやすくなります。

対策法

加齢によるつむじ割れの場合は、つむじ部分用のウィッグなどを使って隠すのが良いでしょう。また、髪を短くすることに抵抗が無い方は、短髪にすることによってつむじ割れや薄毛が目立たなくなりますのでおすすめです。

つむじ割れの原因4.AGA(男性型脱毛症)、FAGA(女性男性型脱毛症)

つむじはげの画像 FAGAの女性の頭皮画像

原因

AGAやFAGAは、頭皮に脱毛ホルモンが発生し、発毛サイクルを乱して薄毛を促進してしまいます。

下の図をご覧ください。

ジヒドロテストステロンが発生する仕組みの画像

毛乳頭細胞には5αリダクターゼという成分が存在し、この5αリダクターゼにテストステロンという男性ホルモンが組み合わさる事により、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が発生します。

このジヒドロテストステロンという物質こそが、つむじはげを引き起こす原因となります。

新しく生えた髪の毛は、通常2年〜6年かけて成長して抜け落ちるというヘアサイクルを行なっていますが、ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きを低下させてしまい、この正常なヘアサイクルを乱してしまいます。その結果、髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。

下の図は、正常なヘアサイクルと乱れたヘアサイクルのわかりやすい比較画像です。

ヘアサイクルの画像

ヘアサイクルが乱れると髪はしっかり成長する前にどんどん抜け落ちていきます。また新しい髪の毛は生えてきますが、新しい髪が生えるまでには3ヶ月前後かかります。新しく生える髪の毛よりも、抜け落ちる髪の毛の方が多くなり、薄毛の状態が続きます。

さらに怖いのが、髪の毛には寿命があり、一生のうちに髪の毛が生え変わる回数は20回〜30回と言われています。

乱れたヘアサイクルでどんどん髪の毛が生え変わると、あっという間に髪の毛の寿命が来て髪が生えてこなくなり、薄毛ではなく完全にハゲた状態になります。

対策法

ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンの発生を防ぐ対策をできるだけ早くとる必要があります。

ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンの発生を防ぐには、5αリダクターゼの働きを阻害することが効果的ですが、この5αリダクターゼの働きを阻害してくれる薬があります。

それが、フィナステリドという成分を配合した薬と、デュタステリドという成分を配合した薬です。(どちらも男性専用の薄毛治療薬です)

フィナステリドとデュタステリドの働きの違いを解説していきます。

フィナステリドの働き

実は5αリダクターゼにはⅡ型とⅠ型があります。

5αリダクターゼⅡ型は、主に頭頂部(つむじ付近)や前頭部(髪の生え際)に多く存在します。5αリダクターゼⅠ型は側頭部や後頭部に多く存在します。

フィナステリドは、5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害する働きがあります。結果的に薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの発生を防ぎ、正常なヘアサイクルを保ちます。

フィナステリドを配合した薬で有名なのが「プロペシア」です。

プロペシアのイメージ

出典:新橋駅前クリニック

デュタステリドの働き

デュタステリドは、フィナステリドよりもさらに薄毛改善の効果が高いと言われている成分です。

フィナステリドが5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害するのに対し、デュタステリドは5αリダクターゼⅡ型だけでなく5αリダクターゼⅠ型の働きも阻害します。

ですので、デュタステリドはフィナステリドに比べて、より広い範囲でジヒドロテストステロンの発生を防ぐことができます。

デュタステリドを配合した薬で有名なのが「ザガーロ」です。

ザガーロのイメージ

出典:新橋駅前クリニック

フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)でつむじはげは治る?

ここまで解説してきましたように、フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)を飲み続けることにより、多くの方がつむじはげや薄毛の改善を実感しています。

日本皮膚科学会が行なった調査によると、フィナステリド(1mg/1日)を3年間服用を続けた人のうち、78%の人が薄毛の軽度改善以上の効果を感じています。

出典:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

このように、100%ではありませんが、多くの方が薄毛の改善を感じています。

ですが、プロペシアやザガーロは厚生労働省が認めた医薬品ですので、副作用の心配もあります。

次に、プロペシアとザガーロの副作用を解説していきます。

フィナステリドとデュタステリドの副作用

フィナステリドが配合されているプロペシアとデュタステリドが配合されているザガーロの副作用をそれぞれ解説していきます。

プロペシアの副作用

承認時の国内臨床試験において、調査症例276例中副作用は12例(4.3%)
リビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)、その他9例(射精障害、精液量減少、下痢、胃不快感等)(いずれも1%未満)

出典:浜松町第一クリニック

主に

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害

など、生殖器に関わる副作用ですが、発生率はかなり低い事がわかります。

ザガーロの副作用

第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において、本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)
勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)

日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)
リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)(承認時)

出典:浜松町第一クリニック

ザガーロの副作用もプロペシアと同じように生殖器に関わる副作用が多いです。

副作用の全体的な発生率は、プロペシアの4.3%に比べてザガーロは17.1%と、少し高くなっています。

ですので、副作用が心配な方はプロペシアの投薬治療から始めてみることをおすすめします。

男性用薄毛治療薬:フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)はどこで手に入る?

男性がつむじはげを改善させるためには、フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)の服用がおすすめですが、薬局やネットでは手に入りません。

フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)は薄毛治療専門クリニックと、ごく一部の皮膚科で処方してもらいます。

なお、フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)などの薄毛治療薬は保険適用外ですので、処方してくれるクリニックによって値段がさまざまです。

フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)の価格の目安は4,000円〜8,000円、デュタステリド配合内服薬(サガーロ等)の価格の目安は5,000円〜10,000円です。

皮膚科で処方してもらうと診察料がかかったり、値段が比較的高い場合が多いので、薄毛専門クリニックの方がおすすめです。

下記のオンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 AGAスキンクリニックでは、クリニックに足を運ばずにネットで無料カウンセリングの予約ができ、スマホのテレビ電話でカウンセリングを受け、薬を配送してもらうことが可能ですのでとても便利です。

各クリニックの詳しい情報を記載しておきます。

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックは、東京の秋葉原に本院があるのですが、日本全国どこからでもスマホでの診察が可能です。

出来るだけ外出は控えたいという方が増えている中で、遠隔治療はとても嬉しいサービスです。

薬は配送してもらえますので、まずは投薬の治療から始めたいという方にとっては非常におすすめです。

▼公式サイトのURLより、無料カウンセリングと診察の予約ができます。
AGAヘアクリニックの公式サイト
オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】

主な治療内容と費用
カウンセリング・・・・・無料
内服薬(フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル内服薬など)・・・・・1,800円〜/月
外用薬(ミノキシジル外用薬など)・・・・・12,000円〜/月
オリジナルシャンプー・・・・・3,500円/本〜

診療時間
10:00 ~ 20:00
(無休)

AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニックのイメージ

AGAスキンクリニックは、日本全国に60院以上を展開している薄毛治療専門クリニックです。

カウンセリングと診察は無料で、内服薬や外用薬、AGAメソセラピーなど、多くの治療を行うことが可能なクリニックです。

現在ではオンライン診療も行っていますので、出来るだけ外出を控えたいという方にとっては、とても嬉しいサービスです。

▼公式サイトのURLより、無料カウンセリングの予約ができます。
AGAスキンクリニック公式サイト
https://www.agaskin.net/at/

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬(フィナステリド、プロペシア、ザガーロ等)・・・・・3,700円〜/月
  • 外用薬(オリジナル発毛薬「Rebirth」)・・・・・15,400円〜/月
  • AGAメソセラピー・・・・・55,000円/回〜
  • Hair Strong植毛・・・・・基本治療費220,000円+1グラフト1,067円〜

診療時間
10:00 ~ 22:00
(無休)

女性用の薄毛治療薬はある?

これまで紹介してきたフィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)は男性専用ですが、女性用の薄毛治療にはパントガールというサプリメントがあります。

パントガール
パントガール

画像引用元:AGAスキンクリニック

パントガールは、女性の薄毛を改善するために必要な栄養成分(アミノ酸、たんぱく質、、ビタミンB群、L-シスチン、ケラチン、D-パントテン酸カルシウム)を含んだ内服薬です。

つむじはげだけでなく、びまん性脱毛症と呼ばれる女性特有の薄毛の治療にも効果が期待できますので、つむじはげや薄毛をできるだけ早く改善させたいと考えている人は一度試してみることをおすすめします。

パントガールも保険適用外の内服薬ですのでクリニックによって価格がさまざまで、1ヶ月分のパントガールが5,500円〜13,000円とかなりの価格差があります。

先程ご紹介したAGAスキンクリニックのレディース院では1ヶ月分が5,500円からという低価格で処方してもらえます。

なお、パントガールは医薬品ではなくサプリメントに分類されますので、副作用の心配はほとんどありません。

自分のつむじ割れの原因をチェックする方法

寝癖、生まれつきの髪の生え方、加齢、AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)など、つむじ割れにはさまざまな原因がありますが、自分のつむじ割れの原因がどれに当てはまるのかをチェックする方法をご紹介します。

  1. つむじ以外の部分の髪の毛の状態をチェックする
  2. 抜け毛をチェックする
  3. 生活習慣をチェックする

1.つむじ以外の部分の髪の毛の状態をチェックする

つむじ割れが起こる方はつむじ以外の部分の髪の毛の状態をチェックしてみましょう。

つむじ以外の部分の髪の毛の太さや濃さが正常な男性の場合は、AGA(男性型脱毛症)である可能性がありますので、2番の抜け毛のチェックに進みましょう。女性の場合は3番の生活習慣をチェックしましょう。

つむじ以外の部分の髪の毛も薄くなっていたり細くなっている方は、生活習慣や加齢が原因の可能性があります。3番の生活習慣をチェックしましょう。

2.抜け毛をチェックする

朝起きた時の枕元や、髪を洗った後の抜け毛をチェックしてみましょう。

下の写真のようにクルンと丸まった短い髪の毛や細い髪の毛が多い場合は、ほぼ間違いなくAGA(男性型脱毛症)です。

短い髪の毛の画像

AGA(男性型脱毛症)の場合は薄毛治療を行わないとつむじ割れは治りませんし、薄毛はどんどん進行してしまいますので、早めに治療することをおすすめします。

 

3.生活習慣をチェックする

生活習慣の乱れとは、主に下記の3点です。

  1. 睡眠不足
  2. 栄養バランスの悪い食生活
  3. 運動不足

それぞれ詳しく解説していきます。

3-1.睡眠不足

睡眠不足は、髪の毛や肌にはとても悪影響です。髪の毛や肌の細胞を作る働きは睡眠中に活発になるため、日々しっかりと睡眠をとる事をお勧めします。

さらに、睡眠が不足すると体の疲れが取れず、その疲れをストレスと感じてしまう事もありますので気をつけましょう。

毎日最低でも6時間は寝るようにしましょう。 

3-2.栄養バランスの悪い食生活

髪の毛は主にケラチンというタンパク質から出来ていて、ケラチンが不足すると髪の毛は細くなり、ハリやコシが無くなってきます。

ケラチンは18種類のアミノ酸で構成されており、その中でも体内で生成出来ないメチオニンという必須アミノ酸を食事から摂取することが重要です。

さらに、ケラチンを合成するには18種類のアミノ酸だけでなく亜鉛が必要です。

メチオニンは魚介類に含まれておりますので、魚介類を意識的に摂取しましょう。

煮干しの画像亜鉛はチーズや煮干しなどに多く含まれていますので、普段のおやつを煮干しにするなどして積極的に亜鉛を摂取するようにしましょう。

偏った食生活や食事制限などのダイエットは、栄養がしっかり摂れず、つむじ割れや薄毛を進行させてしまいます。

食事制限のダイエットをする場合は、高タンパク低カロリーで頭皮に良い栄養がしっかりと摂れる食生活を心がけましょう。

また、スナック菓子や甘いお菓子、カップ麺などに大量に含まれている油分・糖分・添加物は、頭皮環境を乱してしまい薄毛を引き起こす原因となりますので、できるだけ食べるのを控えて栄養価の高い食事を摂るよう心がけましょう。

3-3.運動不足

適度に運動を行うと血行を良くして頭皮に栄養を行き渡らせやすくしたり、脱毛ホルモンを汗とともに排出したりすることが出来ますので、適度に運動しましょう。たとえば仕事帰りに1駅分を歩くなど、出来ることから始めてみましょう。

参考:ストレス

どれにも当てはまらないという方は、普段ストレスを抱え込んでいませんか?

体がストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、髪の毛がしっかり成長せずにどんどん細くなり、髪の毛のハリやコシが無くなります。さらに抜け毛も増え、頭皮が透けて見えるようになり、つむじ割れや薄毛となってしまいます。

また、ホルモンバランスが乱れると、頭皮から分泌される皮脂量が多くなったり、頭皮が乾燥したりと頭皮環境も悪くなり、それらも薄毛や抜け毛の原因となります。

そしてストレスが原因で起こる円形脱毛症という症状もあります。円形脱毛症は髪の毛の一部分(10円玉ほどの範囲)が急に抜け落ちてしまう症状です。円形脱毛症の場合は、皮膚科で診察を受けてしっかり治療すれば、ほとんどの方が半年〜1年ぐらいで治ります。

普段ストレスを感じてしまっている人は、こまめにストレスを発散できるようにしましょう。

筆者オススメのストレス発散方法をご紹介しておきます。

  • 感動系の映画を観て泣く
  • 無心で料理を作る
  • 適度な運動をして汗をかく
  • 趣味に没頭する
  • ひたすら寝る
参考:加齢

30代から徐々に髪の毛はコシを失い、本数も少なくなってくると言われていますので、30代以上の方は加齢が原因の可能性もあります。食生活で髪の毛の原料となる栄養をしっかり摂取することによって、加齢によるつむじ割れや薄毛を改善させることが可能です。

上記で説明したように食生活を改善し、髪の栄養となる成分を摂取する事によってアンチエイジング効果もあり、つむじ割れや薄毛を改善出来るでしょう。

つむじ割れの原因が自分では分からない場合は?

上記のチェック項目を見ても、ご自身のつむじ割れの原因や対策がわからない場合は、【AGAスキンクリニック】やオンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 で行なっている、スマホのビデオ通話を使ってご自宅にいながら無料カウンセリングを受けられるサービスを受けてみることをおすすめします。

あなたのつむじの状態を見て、原因や対策法を的確に教えてくれますし、治療を行わなければ全て無料です。治療を行いたい場合は、そのまま診察や薬の処方などをしてくれますので、とてもスムーズに治療を始めることが出来ます。

また、薬は配送してもらえ、配送の梱包や送り元には、薄毛の治療薬が入っているとわからないような配慮がされていますので、家族や他人にハゲ治療をしていることがバレる心配もありません。

本記事によって、あなたのつむじ割れの悩みが少しでも軽くなれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。