薄毛の原因と対策

つむじはげは治る?つむじがハゲる原因と対策を徹底解説!

つむじはげは治る?

つむじの毛が薄くなってくると、後ろからの視線が気になってしまいストレスが溜まりますよね。ですが、つむじはげは正しい対策を行えばほとんどの方が治ります。

本記事を読めば、つむじはげの原因と正しい対策法が分かります。

つむじはげは治る?つむじがハゲる原因と対策を徹底解説!

つむじはそもそも、髪の流れの中心部であるため、頭皮が見えやすくなっています。ですので、あなたがつむじはげなのか、それとも正常なつむじなのかを、見極める必要があります。

あなたはつむじはげ?

あなたがつむじはげなのか、正常なつむじなのかを確認するために、下の2枚の写真をご覧いただき、合わせ鏡やスマホの自撮り機能を使ってあなたのつむじと見比べてみてください。

正常なつむじの画像 つむじはげの画像

1枚目が正常なつむじです。つむじ部分の頭皮は見えていますが、つむじ部分以外の地肌は見えていません。

2枚目はつむじはげの画像です。1枚目の正常なつむじに比べ、つむじの周りの地肌も見えてしまっています。

このように、つむじはげとはつむじ部分だけでなくつむじ周りの地肌まで見えてしまっている状態です。

もしご自分での判断が難しいようであれば、
オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 で行なっているオンライン無料カウンセリングがおすすめです。スマホのビデオ通話を使ってあなたのつむじや頭皮の状態を確認し、あなたがつむじはげなのかどうか、正常なつむじなのか、またはAGA(男性型脱毛症)なのかを正確に判断してくれます。もちろん強引なセールスなどはありませんので、安心してカウンセリングを受けられます。

あなたは1枚目と2枚目どちらのつむじでしたか?

1枚目の画像と同じようなつむじでしたら、つむじはげの心配はありませんので、後ろからの視線は気にせずに自信を持って生活を送りましょう。

2枚目の画像と同じようなつむじでしたら、残念ながらつむじはげが進行しています。ですが、このまま読み進めていただき、つむじはげの正しい知識と対策法を身につければ、つむじはげはきっと改善しますので、安心してください。

では次に、つむじはげの原因を解説していきます。

つむじはげの原因は?

つむじはげの原因には、下記の4つが考えられます

  1. 生活習慣の乱れ
  2. 栄養不足
  3. ストレス
  4. 脱毛ホルモンの発生

1つずつ解説していきます。

1.生活習慣の乱れ

睡眠不足の女性のイメージ

生活習慣の乱れはホルモンバランスを乱し、つむじはげを進行させてしまいます。

特に睡眠不足は、髪の毛や肌にはとても悪影響です。髪の毛や肌の細胞を作る働きは睡眠中に活発になるため、日々しっかりと睡眠をとる事をお勧めします。

さらに、睡眠が不足すると体の疲れが取れず、その疲れをストレスと感じてしまう事もありますので気をつけましょう。

タバコやお酒の飲みすぎもつむじはげには悪影響です。

タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させてしまい、頭皮にしっかりと栄養を行き届けにくくさせてしまいますので、吸う本数を減らすか禁煙しましょう。

お酒を飲むと、体内でアルコールはアセトアルデヒドという毒性の強い物質(頭痛や吐き気の原因)に分解されますが、お酒を飲みすぎるとアセトアルデヒドの分解が追いつかなくなり、体は多くのアミノ酸を使ってしまいます。この時、髪の毛の成長に必要なアミノ酸も使用してしまうため、髪の毛の成長を阻害してしまいます。ですので、お酒の飲み過ぎも控えるようにしましょう。

2.栄養不足

スポーツをしている女性のイメージ

偏った食生活や食事制限などのダイエットは、栄養がしっかり摂れず、つむじはげを進行させてしまいます。

お菓子ばかり食べていて、ちゃんと栄養のある食事を摂っていない、という方は意外と多いですよね。お菓子は油分や糖分など、頭皮環境を悪化させてしまう栄養が多いので、できるだけ控えて栄養価の高い食事を摂るよう心がけましょう。

食事制限のダイエットをする場合は、高タンパク低カロリーで頭皮に良い栄養がしっかりと摂れる食生活を心がけましょう。

栄養バランスのとれた食事のイメージ

3.ストレス

ストレスを感じている女性のイメージ

ストレスは、何よりも体に悪いと言われています。

例えば、喫煙者がタバコをやめて、吸えないストレスを感じてしまった場合、タバコを吸うことよりもタバコを吸えないストレスを感じている方が、体には悪いという考え方もあります。

それぐらい、ストレスは体に悪いのです。

もちろん髪にも悪影響ですし、ホルモンバランスを乱す原因にもなります。

普段ストレスを感じてしまっている人は、こまめにストレスを発散できるようにしましょう。

筆者オススメのストレス発散方法をご紹介しておきます。

  • 感動系の映画を観て泣く
  • 無心で料理を作る
  • 適度な運動をして汗をかく
  • 趣味に没頭する
  • ひたすら寝る

4.脱毛ホルモンの発生

実は男性の場合、つむじはげになってしまっている人の多くは、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンが原因でつむじはげになってしまっています。

男性の場合はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)またはびまん性脱毛症と呼ばれています。

下の図をご覧ください。

ジヒドロテストステロンが発生する仕組みの画像

毛乳頭細胞には5αリダクターゼという成分が存在し、この5αリダクターゼにテストステロンという男性ホルモンが組み合わさる事により、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が発生します。

このジヒドロテストステロンという物質こそが、つむじはげを引き起こす原因となります。

新しく生えた髪の毛は、通常2年〜6年かけて成長して抜け落ちるというヘアサイクルを行なっていますが、ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きを低下させてしまい、この正常なヘアサイクルを乱してしまいます。その結果、髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。

下の図は、正常なヘアサイクルと乱れたヘアサイクルのわかりやすい比較画像です。

ヘアサイクルの画像

ヘアサイクルが乱れると髪はしっかり成長する前にどんどん抜け落ちていきます。また新しい髪の毛は生えてきますが、新しい髪が生えるまでには3ヶ月前後かかります。新しく生える髪の毛よりも、抜け落ちる髪の毛の方が多くなり、薄毛の状態が続きます。

さらに怖いのが、髪の毛には寿命があり、一生のうちに髪の毛が生え変わる回数は20回〜30回と言われています。

乱れたヘアサイクルでどんどん髪の毛が生え変わると、あっという間に髪の毛の寿命が来て髪が生えてこなくなり、薄毛ではなく完全にハゲた状態になります。

そうなってしまう前に、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンの発生を防ぐ対策をできるだけ早くとる必要があります。

次の章で、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンの発生を防ぐ対策法を解説します。

ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンの発生を防ぐ対策法

ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンの発生を防ぐには、5αリダクターゼの働きを阻害することが効果的ですが、この5αリダクターゼの働きを阻害してくれる薬があります。

それが、フィナステリドという成分を配合した薬と、デュタステリドという成分を配合した薬です。(どちらも男性専用の薄毛治療薬です)

フィナステリドとデュタステリドの働きの違いを解説していきます。

フィナステリドの働き

実は5αリダクターゼにはⅡ型とⅠ型があります。

5αリダクターゼⅡ型は、主に頭頂部(つむじ付近)や前頭部(髪の生え際)に多く存在します。5αリダクターゼⅠ型は側頭部や後頭部に多く存在します。

フィナステリドは、5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害する働きがあります。結果的に薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの発生を防ぎ、正常なヘアサイクルを保ちます。

フィナステリドを配合した薬で有名なのが「プロペシア」です。

プロペシアのイメージ

出典:新橋駅前クリニック

デュタステリドの働き

デュタステリドは、フィナステリドよりもさらに薄毛改善の効果が高いと言われている成分です。

フィナステリドが5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害するのに対し、デュタステリドは5αリダクターゼⅡ型だけでなく5αリダクターゼⅠ型の働きも阻害します。

ですので、デュタステリドはフィナステリドに比べて、より広い範囲でジヒドロテストステロンの発生を防ぐことができます。

デュタステリドを配合した薬で有名なのが「ザガーロ」です。

ザガーロのイメージ

出典:新橋駅前クリニック

フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)でつむじはげは治る?

ここまで解説してきましたように、フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)を飲み続けることにより、多くの方がつむじはげや薄毛の改善を実感しています。

日本皮膚科学会が行なった調査によると、フィナステリド(1mg/1日)を3年間服用を続けた人のうち、78%の人が薄毛の軽度改善以上の効果を感じています。

出典:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

このように、100%ではありませんが、多くの方が薄毛の改善を感じています。

ですが、プロペシアやザガーロは厚生労働省が認めた医薬品ですので、副作用の心配もあります。

次の章では、プロペシアとザガーロの副作用を解説していきます。

フィナステリドとデュタステリドの副作用

フィナステリドが配合されているプロペシアとデュタステリドが配合されているザガーロの副作用をそれぞれ解説していきます。

プロペシアの副作用

承認時の国内臨床試験において、調査症例276例中副作用は12例(4.3%)
リビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)、その他9例(射精障害、精液量減少、下痢、胃不快感等)(いずれも1%未満)

出典:浜松町第一クリニック

主に

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害

など、生殖器に関わる副作用ですが、発生率はかなり低い事がわかります。

ザガーロの副作用

第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において、本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)
勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)

日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)
リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)(承認時)

出典:浜松町第一クリニック

ザガーロの副作用もプロペシアと同じように生殖器に関わる副作用が多いです。

副作用の全体的な発生率は、プロペシアの4.3%に比べてザガーロは17.1%と、少し高くなっています。

ですので、副作用が心配な方はプロペシアの投薬治療から始めてみることをおすすめします。

男性用つむじはげ・薄毛治療薬:フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)はどこで手に入る?

男性がつむじはげを改善させるためには、フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)の服用がおすすめですが、薬局やネットでは手に入りません。

フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)は薄毛治療専門クリニックと、ごく一部の皮膚科で処方してもらいます。

なお、フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)などの薄毛治療薬は保険適用外ですので、処方してくれるクリニックによって値段がさまざまです。

フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)の価格の目安は4,000円〜8,000円、デュタステリド配合内服薬(サガーロ等)の価格の目安は5,000円〜10,000円です。

皮膚科で処方してもらうと診察料がかかったり、値段が比較的高い場合が多いので、薄毛専門クリニックの方がおすすめです。

ここからは、数ある薄毛治療専門クリニックの中から診察料が無料でフィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(サガーロ等)の価格が特に安かった3つのクリニックをご紹介します。

1.AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックは、東京の秋葉原に本院があるのですが、日本全国どこからでもスマホのビデオ通話を使った診察が可能です。

無料カウンセリングでつむじはげなのか、AGAなのかを判断してもらい、治療が必要であればあなたに最適な薬を低価格で処方してもらえます。

2021年4月に価格改定が行われ、フィナステリド配合内服薬が初回はなんと1,800円で購入でき、さらに全額返金制度も導入されました。

薬は配送してもらえますので、まずは投薬の治療から始めたいという方や、とりあえず無料カウンセリングをしてもらって治療するかを決めたいという方にとっては、非常におすすめです。

▼公式ホームページのURLより、無料カウンセリングと診察の予約ができます。

AGAヘアクリニックの公式サイト
オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬(フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル内服薬など)・・・・・1,800円/月〜
  • 外用薬(ミノキシジル外用薬など)・・・・・12,000円/月〜
  • オリジナルシャンプー・・・・・3,500円/本〜

診療時間

10:00 ~ 20:00
(無休)

2.湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの画像

湘南美容クリニックは、日本全国に展開している実績あるクリニックです。

AGA治療に関しても、カウンセリングは無料で、投薬やオリジナル外用薬などの治療を行っています。

湘南美容クリニックではフィナステリド配合内服薬が初回限定で1,800円で処方してくれます。

▼公式サイトのURLより、無料カウンセリングの予約ができます。

湘南美容クリニック公式サイト
公式HP

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬(フィナステリド、ザガーロ等)・・・・・1,800円/月〜
  • 外用薬(ミノキシジルとフィナステリドが配合されたオリジナルスプレー)・・・・・8,318円/月〜
  • メソセラピー・・・・・14,800円〜/回

診療時間

10:00 ~ 19:00
(無休)

3.AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックのイメージ

AGAスキンクリニックは、日本全国に60院以上を展開しているAGA専門クリニックです。

カウンセリングは無料で、投薬や外用薬、AGAメソセラピーなど、多くの治療を行うことが可能なクリニックです。

現在ではオンライン診療も行っていますので、出来るだけ外出を控えたいという方にとっては、とても嬉しいサービスです。

フィナステリド配合内服薬が初回3,700円(2回目以降5,300円〜)で処方してもらえます。

▼公式サイトのURLより、無料カウンセリングの予約ができます。
AGAスキンクリニック公式サイト
https://www.agaskin.net/at/

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬(フィナステリド、プロペシア、ザガーロ等)・・・・・3,700円/月〜
  • 外用薬(ミノキシジル5%配合外用薬)・・・・・6,800円/月〜
  • AGAメソセラピー・・・・・55,000円/回〜
  • 自毛植毛(スマートグラフト)・・・・・440,000円〜

診療時間

10:00 ~ 22:00(クリニックにより異なる)
(無休)

女性のつむじはげ・薄毛治療薬

フィナステリド配合内服薬(プロペシア等)やデュタステリド配合内服薬(ザガーロ等)は男性用の薄毛治療薬ですが、女性にはパントガールという薄毛治療薬があります。

パントガール

パントガール

画像引用元:AGAスキンクリニック

パントガールは、女性の薄毛を改善するために必要な栄養成分(アミノ酸、たんぱく質、、ビタミンB群、L-シスチン、ケラチン、D-パントテン酸カルシウム)を含んだ内服薬です。

つむじはげだけでなく、びまん性脱毛症と呼ばれる女性特有の薄毛の治療にも効果が期待できますので、つむじはげや薄毛をできるだけ早く改善させたいと考えている人は一度試してみることをおすすめします。

パントガールも保険適用外の内服薬ですのでクリニックによって価格がさまざまで、1ヶ月分のパントガールが5,500円〜13,000円とかなりの価格差があります。

先程ご紹介したAGAスキンクリニックのレディース院では1ヶ月分が5,500円からという低価格で処方してもらえます。

なお、パントガールは医薬品ではなくサプリメントに分類されますので、副作用の心配はほとんどありません。

つむじの毛を増やす薬

これまで、男性用と女性用のつむじはげを食い止める薬について解説してきましたが、さらに髪の毛を増やしたいという方には、ミノキシジル外用薬という日本で唯一発毛効果が認められた薬があります。

ミノキシジル外用薬にどのような効果があるのか、解説していきます。

ミノキシジル外用薬の効果

ミノキシジルのイメージ

出典:新橋駅前クリニック

ミノキシジルという成分は、もともとは薄毛治療用の薬ではなく、血圧を下げるために使われていた成分でした。

ミノキシジルは血管を広げて血圧を下げる効果があるため、血圧を下げる薬の成分として使われていましたが、使用した人の体毛が濃くなったという副作用から、ミノキシジルの成分に目をつけ、薄毛治療用に改良されてミノキシジル外用薬が出来ました。

頭頂部や前頭部の毛細血管は非常に細く、血液によって運ばれる栄養素がなかなか行き渡らないという現象が起こります。そこで、ミノキシジルの作用によって頭部の毛細血管を広げて血液を行き渡らせ、頭頂部や前頭部にしっかりと栄養を与えることにより、髪を増やしたりしっかり育てたりする効果が期待できます。

ミノキシジル外用薬も厚生労働省が認めた医薬品ですので、気になる副作用も解説します。

ミノキシジル外用薬の副作用

薬局で唯一購入できるミノキシジル外用薬「リアップ」の製造販売を行っている大正製薬株式会社では、下記の報告書をあげています。

副作用発現症例は3,072例中271例(8.82%)、378件であった。 378件の内訳は、「適用部位そう痒感」123件、「適用部位発疹」43件、「頭部粃糠疹」 33件、「接触性皮膚炎」32件、「適用部位紅斑」31件、「適用部位刺激感」13件、「頭痛」 10件、「浮動性めまい」「動悸」「適用部位乾燥」「血圧上昇」が各6件、「適用部位疼痛」 「適用部位熱感」「適用部位腫脹」が各4件、「末梢性浮腫」「適用部位分泌物」「心拍数 増加」が各3件、「眼痛」「耳鳴」「発疹」「裂毛」「蕁麻疹」「皮膚のつっぱり感」「適 用部位炎症」「適用部位発汗」「適用部位変色」「適用部位びらん」「適用部位痂皮」が 各2件、「不眠症」「体位性めまい」「感覚鈍麻」「睡眠の質低下」「眼瞼炎」「眼充血」 「霧視」「心不全」「ほてり」「腹痛」「上腹部痛」「紅斑」「毛髪変色」「毛髪障害」 「多毛症」「そう痒症」「脂漏性皮膚炎」「夜間頻尿」「適用部位浮腫」「胸痛」「浮腫」 「適用部位異常感覚」「適用部位皮膚剥脱」「アラニンアミノトランスフェラーゼ増加」 「眼圧上昇」「血中アルカリホスファターゼ増加」が各1件であった。

出典:大正製薬株式会社

2件以上あった症例を分かりやすくまとめると、下記のようになります。

  • 頭皮のトラブル(かゆみ・発疹・ほてり・乾燥・炎症など)
  • 動悸
  • 肝機能不全
  • 頭痛
  • 眼痛
  • 蕁麻疹

多くの副作用は、薬を塗った部分の痒みや炎症などの頭皮トラブルです。

筆者も実際に使ってみましたが、かゆみが出てしまい、使用を中止しました。

頭皮トラブルが気になる方には、ミノキシジルの内服薬もあります。

ミノキシジル内服薬

ミノキシジル内服薬は、ミノキシジル外用薬の成分と同じように血管を広げて頭皮に栄養を行き届きやすくさせ、発毛を促進する効果が期待できます。

ですが、ミノキシジル内服薬は厚生労働省の認可がおりていません。

ミノキシジル内服薬は、ミノキシジル外用薬と違い、全身に薬の効果が出る恐れがあるため、下記の副作用が確認されています。

①頭皮のかゆみや炎症  ②血圧低下や心拍数の増加  ③頭痛やめまい
④体重増加  ⑤手足のむくみ   ⑥多毛症(タブレットタイプのみ)

出典:聖心毛髪再生外来

塗り薬に比べて、多毛症という副作用があります。

これは、ミノキシジルの血管を広げる働きが、頭皮だけでなく体全体に作用することにより、起こる副作用です。

血行が良くなることにより、頭痛やめまい、心拍数の増加なども副作用として挙げられています。

むくみも起こる可能性があります。なぜかというと、ミノキシジルの作用により血行が良くなって血液が薄まり、体が血液濃度を戻そうと血液から水分を排出することによってむくみが起こりやすくなります。

ミノキシジル配合の薬はどこで手に入る?

ミノキシジル配合外用薬は、ドラッグストアなどで手に入る男性用の「リアップ」と女性用の「リアップリジェンヌ」があります。

リアップの画像リアップリジェンヌの画像

出典:大正製薬

価格はミノキシジルの濃度によって変わりますが、4,000円〜7,000円台です。

「リアップ」と「リアップリジェンヌ」はドラッグストアやネットで購入する事が可能ですので、一番手軽に始められるつむじはげ対策法かもしれませんが、副作用で頭皮のかゆみが生じる場合があり、筆者も一度使ってみましたが、かゆみと湿疹が生じたため、使うのをやめてしまいました。

また、ミノキシジルの成分を配合した外用薬と内服薬は、先程ご紹介したオンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 湘南美容クリニックAGAスキンクリニックでも処方してもらえます。

最安価格は、ミノキシジル配合外用薬の1ヶ月分がAGAスキンクリニックの6,800円、ミノキシジル配合内服薬はAGAヘアクリニックの9,000円でした。

おわりに

つむじはげの治療は、早ければ早いほど良い結果が生まれます。少しでもご自身のつむじが気になる方は、手遅れになる前に薄毛治療専門クリニックに相談してみてください。

本記事でご紹介したオンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 湘南美容クリニックAGAスキンクリニックは全てカウンセリングが無料ですので、治療を始めなければ完全無料ですし、カウンセリングを受けるだけでも悩みが少し晴れるかもしれません。

こちらの記事が、あなたの薄毛の悩みをいち早く解決できるための参考になれば、幸いです。