薄毛の原因と対策

育毛剤の効果や、発毛剤との効果の違いは?

現在日本で販売されている育毛剤は、とても沢山の種類があり、なかなか選べないというのが現状ですが、そもそも育毛剤の効果を間違えている人が多いのも事実です。

そこでこの記事では、育毛剤の効果や、発毛剤との効果の違いを分かりやすく解説します。

育毛剤の効果や、発毛剤との効果の違いは?

育毛剤や発毛剤の効果を知りたい方は、下記のように、薄毛の悩みを抱えている方がほとんどだと思います。

  • 抜け毛が増えたような気がする
  • つむじの地肌が目立つ
  • おでこが広くなった

このような場合、「とりあえず市販の育毛剤を買って試してみよう」と考える方が多いのですが、育毛剤や発毛剤に期待できる効果を誤解して、間違った薄毛対策アイテム選びをしてしまっては、ご自身の薄毛の症状改善につながりません。

育毛剤や発毛剤の効果をしっかり理解できれば、正確な判断ができると思いますの。

まずは育毛剤と発毛剤、それぞれの効果を解説します。

育毛剤の効果

育毛剤「イクオスEXプラス」のイメージ引用元:「イクオスEXプラス」公式HP

育毛剤は、読んで字の如く、毛を育てる効果が期待できます。

  • 今ある髪の毛を太くハリのある状態にしたい

といったような、今ある髪の毛を改善させる効果を期待をしている方には、向いていると言えます。

育毛剤の成分と副作用

育毛剤は、各メーカーが髪の毛や頭皮に良い成分をそれぞれ独自に調整し、製品化しています。

育毛剤は薬機法において「医薬品」「医薬部外品」のどちらかに分類されます。

ですので成分や効果は各商品によって大きく異なります。

乾燥肌用や敏感肌用など様々な種類があり、育毛剤選びは、まるでシャンプー選びのようなものです。

主な副作用も、シャンプーなどと同じで頭皮のトラブル(かゆみや発疹など)が挙げられます。

ですが、どの育毛剤を選んだとしても

  • 少なくなってきた髪の毛を増やしたい

という効果を期待している人には、残念ながら向いていません。

育毛剤は、あくまで今ある髪に対してのみ改善の効果が期待できるからです。

では、無くなってしまった髪の毛を増やすにはどうしたら良いか?

その期待に答える可能性が高いのが、次に説明する発毛剤です。

発毛剤の効果

発毛剤「リアップ」のイメージ

引用元:大正製薬公式HP

発毛剤は、頭皮の毛細血管に働きかけ、髪が薄くなっている部分の頭皮に栄養をしっかりと行き渡らせて、発毛を促進する効果が期待できます。

さらに、細くてボリュームが無くなってしまった髪の毛にもしっかりと栄養が行き渡り、太くてハリのある髪の毛にしてくれる効果も期待できます。

ですので、

  • 少なくなってきた髪の毛を増やしたい
  • 今ある髪の毛を太くハリのある状態にしたい

といった、どちらの希望にも効果が期待できるのが、発毛剤です。

発毛剤の成分と副作用

育毛剤と発毛剤の効果を比べていみると、発毛剤のほうが薄毛には効果があると感じる方が多いと思いますが、発毛剤は育毛剤に比べて多くの副作用があります。

発毛剤の成分と副作用について、それぞれ説明します。

発毛剤の成分

まず、発毛剤に使われている「ミノキシジル」という成分ですが、このミノキシジルこそ、日本の厚生労働省で唯一発毛の効果が認められた成分です。

そして発毛剤は薬機法において「医薬品」に分類されます。

市販の代表的な発毛剤に、大正製薬の「リアップ」という商品があります。

リアップの効能は大正製薬のホームページに、下記のように記載がありました。

〈効能〉
壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。

引用元:https://brand.taisho.co.jp/riup/

効能は、発毛・育毛の促進と、脱毛の進行予防とあります。

ミノキシジルは、もともと血圧を下げる薬として使われていたのですが、投薬を受けていた患者の体毛が濃くなった事により、その効果が発見されました。

ミノキシジルには血管を広げる効果がありますので、頭皮の毛細血管を広げ、栄養を行き渡らせる効果が期待できます。

発毛剤の副作用

発毛剤に含まれる成分「ミノキシジル」には、下記のような副作用があります。

◆関係部位:症状◆
皮膚:頭皮の発疹・発赤*,かゆみ,かぶれ,ふけ,使用部位の熱感等
精神神経系:頭痛,気が遠くなる,めまい
循環器:胸の痛み,心拍が速くなる
代謝系:原因のわからない急激な体重増加,手足のむくみ
*頭皮以外にあらわれることもあります。

引用元:E PARK 薬の窓口

さらに、下記に当てはまる人は、使用前に必ず医師に相談してください。

・今までに薬や化粧品などによりアレルギー症状(例えば,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
・高血圧の人,低血圧の人。
・心臓又は腎臓に障害のある人。
・むくみのある人。
・家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない人。
・高齢者(65歳以上)。
・次の診断を受けている人。
甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症,甲状腺機能亢進症)。

そして、未成年者や女性も使用することが出来ません。

以上のことより、発毛剤は育毛剤よりも薄毛改善の効果の期待値が高いのですが、すべての薄毛に悩む人が使用できるわけではないことと、副作用の心配がより多くあります。

ですので一概に「発毛剤の方が育毛剤よりおすすめ」とは言えません。

筆者のおすすめとしては、まずはAGA専門のクリニックに相談し、どのような薄毛治療があなたに合っているのかを診てもらうことです。

AGAヘアクリニックでは、スマホのビデオ通話を使って自宅にいながら無料でカウンセリングを受けることが出来ます。

AGAヘアクリニックの詳細を載せておきますので、一度無料カウンセリングを受けてみることをお勧めします。

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックは、東京の秋葉原に本院があるのですが、日本全国どこからでもスマホでの無料診察が可能です。

出来るだけ外出は控えたいという方が増えている中で、遠隔治療はとても嬉しいサービスです。

薬は配送してもらえますので、まずは投薬の治療から始めたいという方にとっては非常におすすめです。

▼公式ホームページのURLより、無料カウンセリングと診察の予約ができます。

AGAヘアクリニックの公式サイト
オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬・・・・・(フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル内服薬など)1,800円/月〜
  • 外用薬(ミノキシジル外用薬など)・・・・・12,000円/月〜
  • オリジナルシャンプー・・・・・3,500円/本〜

診療時間

10:00 ~ 20:00
(無休)

最後に

育毛剤と発毛剤、それぞれの効果と注意点を下記にまとめました。

<育毛剤の効果>

  • 今ある髪の毛を太くハリのある毛に育てる効果が期待できるもの

<育毛剤の注意点>

  • 今無い髪の毛を増やすことは出来ないこと

<発毛剤の効果>

  • 少なくなってきた髪の毛を増やす効果が期待できるもの
  • 今ある髪の毛を太くハリのある毛に育てる効果が期待できるもの

<発毛剤の注意点>

  • 副作用があること
  • 使用できない人がいること

以上のことから、あなたに最適な薄毛改善アイテムを選んでみてください。

筆者おすすめのAGAヘアクリニック公式サイトURLも、改めて載せておきます。

AGAヘアクリニックの公式サイト
オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】

こちらの記事が、あなたの薄毛の悩みをいち早く解決できるための参考になれば、幸いです。