薄毛の原因と対策

フィナステリドとミノキシジルを徹底比較!どちらが男性の薄毛治療に効果的?

フィナステリドとミノキシジル

男性の薄毛治療薬として有名なフィナステリドミノキシジルですが、どちらの方がより薄毛治療に効果的なのでしょうか?

本記事ではフィナステリドとミノキシジルそれぞれの効果や副作用、価格などを徹底的に比較していますので、薄毛治療の始めたいと思っている男性の参考になるでしょう。

※フィナステリドは男性専用の薄毛治療薬ですので、女性の方は絶対に服用しないでください。

フィナステリドとミノキシジルの効果を徹底比較

フィナステリドとミノキシジルの効果を徹底的に比較していくため、まずは薄毛になる原因から解説していきます。

薄毛になる原因とは?

薄毛になる原因は、生活習慣やストレス、頭皮の炎症などさまざまですが、男性の薄毛の原因のほとんどは、AGA(男性型脱毛症)です。

AGA(男性型脱毛症)とは、髪の成長を妨げる物質が頭皮で作られ、それによって髪の成長サイクルが乱れてしまい、生えてきた髪の毛が成長しきらないままどんどん抜けてしまう症状です。

下記の図をご覧ください。

ヘアサイクルの画像

正常なヘアサイクルは、髪が生えてから2年〜6年かけて成長していき、成長が止まり、抜けてまた新しい髪が生えてきます。

ですが、男性のAGA(男性型脱毛症)の場合、髪が生えてから十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。

枕元や髪を洗った後の抜け毛をチェックして、以下の写真のように短い髪の毛が多い場合は、ほぼ間違いなくAGA(男性型脱毛症)です。

短い髪の毛の画像

この、髪の毛の正常なサイクルを乱してしまうのがジヒドロテストステロン(DHT)という物質で、ジヒドロテストステロンこそが、AGA(男性型脱毛症)の原因です。

では、フィナステリドとミノキシジルがAGA(男性型脱毛症)にどのような効果があるのかをそれぞれ解説していきます。

フィナステリドの効果

フィナステリド配合内服薬(プロペシア)のイメージ

出典:新橋駅前クリニック

AGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)は、頭皮にある5αリダクターゼⅡ型という物質が血液中にある男性ホルモンのテストステロンと結びつくことによって発生します。

フィナステリドという成分は、5αリダクターゼⅡ型の働きを抑える効果があり、結果的にジヒドロテストステロン(DHT)の発生を防ぐため、AGA(男性型脱毛症)に効果があると言われています。

ミノキシジルの効果

髪の毛を増やす効果がある薬と言われている厚生労働省が認可した唯一の成分が、ミノキシジルです。

ミノキシジルのイメージ

出典:新橋駅前クリニック

ミノキシジルの成分は、本来は薄毛治療用の薬ではありませんでした。

ミノキシジルの血管を広げる作用により、血圧を下げる薬として使われていましたが、使用した人の体毛が濃くなったという副作用から、薄毛治療用に改良されて現在のミノキシジル配合薄毛治療薬が開発されました。

そもそも頭頂部や前頭部の毛細血管は非常に細く、血液によって運ばれる栄養素がなかなか行き渡らないという現象が起こります。そこで、ミノキシジルの作用によって頭部の毛細血管を広げて血液を行き渡らせ、頭頂部や前頭部にしっかりと栄養を与えることにより、髪を増やす効果が期待できるという仕組みです。

フィナステリドとミノキシジル、どちらが男性の薄毛治療に効果的?

フィナステリドは薄毛の進行を食い止める効果がある薬であるのに対し、ミノキシジルは髪の毛を生やす効果がある薬です。

フィナステリドとミノキシジルは、薄毛に対する根本的な効果の違いがありますので、どちらが効果的という答えは無く、

  • 薄毛になり始めてきて予防したいと考えているのであればフィナステリドでの治療
  • 薄毛が進行していて髪の毛を増やしたいと考えるのであればフィナステリドとミノキシジルの両方を併用

というように、薄毛の状態によってフィナステリドとミノキシジルを使い分けた方が良いと考えられています。

ですが、フィナステリドもミノキシジルも副作用の心配がありますので、次にフィナステリドとミノキシジルの副作用も解説していきます。

フィナステリドとミノキシジルの副作用を徹底比較

フィナステリドもミノキシジルも、薄毛治療薬として厚生労働省の認可がおりている薬であり、副作用の報告もあがっています。

フィナステリド(プロペシア)の副作用

フィナステリド(プロペシア)の副作用は、下記の症例が報告されています。

承認時の国内臨床試験において、調査症例276例中副作用は12例(4.3%)
リビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)、その他9例(射精障害、精液量減少、下痢、胃不快感等)(いずれも1%未満)

出典:浜松町第一クリニック

主に

  • リビドー減退(性欲減退)
  • 勃起機能不全
  • 射精障害

など、生殖器に関わる副作用が報告されています。

リビドー減退(性欲減退)は、フィナステリド(プロペシア)の副作用として最も多く報告されている副作用ですが、全体のわずか1.1%で、勃起機能不全は0.7%、その他の副作用も1%未満の発症ですので、過敏になる必要は無いと思いますが、使用中にもしも上記の副作用や違和感を感じたら、すぐに医師に相談しましょう。

ミノキシジルの副作用

次にミノキシジルの副作用ですが、ミノキシジルの副作用は外用薬と内服薬によって異なりますので、それぞれ解説していきます。

※注意
ミノキシジルの内服薬は厚生労働省の認可がおりていません。厚生労働省の認可がおりているのはミノキシジルを配合した外用薬のみです。

ミノキシジル外用薬の副作用

薬局で唯一購入できるミノキシジル配合外用薬「リアップ」の製造販売を行っている大正製薬株式会社では、下記の報告書をあげています。

副作用発現症例は3,072例中271例(8.82%)、378件であった。 378件の内訳は、「適用部位そう痒感」123件、「適用部位発疹」43件、「頭部粃糠疹」 33件、「接触性皮膚炎」32件、「適用部位紅斑」31件、「適用部位刺激感」13件、「頭痛」 10件、「浮動性めまい」「動悸」「適用部位乾燥」「血圧上昇」が各6件、「適用部位疼痛」 「適用部位熱感」「適用部位腫脹」が各4件、「末梢性浮腫」「適用部位分泌物」「心拍数 増加」が各3件、「眼痛」「耳鳴」「発疹」「裂毛」「蕁麻疹」「皮膚のつっぱり感」「適 用部位炎症」「適用部位発汗」「適用部位変色」「適用部位びらん」「適用部位痂皮」が 各2件、「不眠症」「体位性めまい」「感覚鈍麻」「睡眠の質低下」「眼瞼炎」「眼充血」 「霧視」「心不全」「ほてり」「腹痛」「上腹部痛」「紅斑」「毛髪変色」「毛髪障害」 「多毛症」「そう痒症」「脂漏性皮膚炎」「夜間頻尿」「適用部位浮腫」「胸痛」「浮腫」 「適用部位異常感覚」「適用部位皮膚剥脱」「アラニンアミノトランスフェラーゼ増加」 「眼圧上昇」「血中アルカリホスファターゼ増加」が各1件であった。

出典:大正製薬株式会社

2件以上あったミノキシジルの副作用の症例を分かりやすくまとめると、下記のようになります。

  • 頭皮のトラブル(かゆみ・発疹・ほてり・乾燥・炎症など)
  • 動悸
  • 頭痛・眼痛
  • 蕁麻疹

1つずつ詳しく解説していきます。

頭皮のトラブル(かゆみ・発疹・ほてり・乾燥・炎症など)

ミノキシジル外用薬を使用した際、一番多く発症した症状が、塗布部分の痒みです。また、発疹ができたり炎症を起こしてしまったりと、塗布部分に何かしらのトラブルが起こってしまう可能性があります。

筆者もミノキシジル外用薬を使用してすぐに痒みと発疹が出てしまい、使用を中断しました。

動悸

動悸とは、心臓の鼓動が激しくなったり脈が乱れたりする症状で、ミノキシジルの血行を良くする作用により起こってしまうものです。

頭痛・眼痛

頭痛や眼痛も、ミノキシジルの血行促進作用により起こってしまうものと考えられています。

蕁麻疹

蕁麻疹は皮膚が赤く腫れて発疹してしまう症状で、頭皮トラブルの一種です。

 

では次に、ミノキシジル内服薬の副作用を解説していきます。

ミノキシジル内服薬の副作用

ミノキシジル内服薬の副作用は、下記の症状があります。

①頭皮のかゆみや炎症  ②血圧低下や心拍数の増加  ③頭痛やめまい
④体重増加  ⑤手足のむくみ   ⑥多毛症(タブレットタイプのみ)

出典:聖心毛髪再生外来

ミノキシジル内服薬は、ミノキシジル外用薬に比べて多毛症という副作用があります。

多毛症

多毛症とは、ミノキシジルの血管を広げる働きが、頭皮だけでなく体全体に作用することにより、起こる副作用です。

実際に筆者は現在ミノキシジルタブレットを服用していますが、体毛の増加はありませんでしたが、頬の産毛がほんの少し伸びたかなという印象で、むしろ薬の効果が現れているんだなと、ミノキシジルの効果を実感しています。

血行が良くなることにより、頭痛やめまい、心拍数の増加なども副作用として挙げられています。

また、ミノキシジル内服薬はむくみも起こる可能性があります。なぜかというと、ミノキシジルの作用により血行が良くなって血液が薄まり、体が血液濃度を戻そうと血液から水分を排出することによって起こります。

フィナステリドとミノキシジルの副作用の違い

フィナステリドの副作用には生殖器に関わる副作用が多く、ミノキシジルの副作用には動悸やめまい、塗布部分の痒みや炎症など、さまざまな副作用が報告されています。

万が一副作用が起こってしまった場合を考えると、できるだけ安全にフィナステリドやミノキシジルを使用したいですよね。

そして薄毛治療は継続が必要となりますので、費用もできるだけ抑えたいものです。

次に、フィナステリドとミノキシジルを安全に低価格で使用する方法を解説していきます。

フィナステリドとミノキシジルを安全に低価格で使用するには?

上記のように、フィナステリドとミノキシジルには副作用がありますので、安全に使用するには医師の診察が必要です。

数あるクリニックの中から、フィナステリドの価格が特に安かったのが、オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 と【湘南美容クリニック】です。

上記の2院で診察を受けてフィナステリドやミノキシジルを処方してもらえば、フィナステリドやミノキシジルを安全に使用することができるでしょう。

フィナステリド(プロペシア)の日本での特許は2015年に切れており、フィナステリドを配合した後発医薬品(ジェネリック薬)が作られています。

通常4,000円〜7,000円ほどの価格で販売されている一ヶ月分のフィナステリド配合内服薬ですが、上記の2つのクリニックでは、フィナステリド配合内服薬を

  • 【AGAヘアクリニック】初回1,800円(2回目以降3,600円)
  • 【湘南美容クリニック】初回1,800円(2回目以降3,000円)

で処方してもらうことができますので、とても低価格で薄毛治療を始められます。あまり予算が無いという方にもおすすめです。

また、ミノキシジル配合外用薬は

  • 【AGAヘアクリニック】13,000円(オンライン診療の場合12,000円)
  • 【湘南美容クリニック】9,980円

で処方してもらえます。後発医薬品(ジェネリック薬)が作られているフィナステリドに比べ、ミノキシジルの価格は高くなります。

それぞれのクリニックの詳細を記載しておきます。

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックは、東京の秋葉原に本院があるのですが、日本全国どこからでもスマホのビデオ通話を使った無料でのカウンセリングと診察が可能です。

無料カウンセリング後、治療を始める場合は、薄毛をどのぐらい改善したいのかの目標や予算を相談しながら、最適な治療薬を低価格で処方してもらえます。

薬は配送してもらえますので、まずは投薬の治療から始めたいという方や、とりあえず無料カウンセリングをしてもらって治療するかを決めたいという方にとっては、非常におすすめです。

▼公式サイトのURLより、無料カウンセリングと診察の予約ができます。

AGAヘアクリニックの公式サイト
オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬・・・・・(フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル内服薬など)1,800円/月〜
  • 外用薬(ミノキシジル外用薬など)・・・・・12,000円/月〜
  • オリジナルシャンプー・・・・・3,500円/本〜

診療時間

10:00 ~ 20:00
(無休)

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの画像

湘南美容クリニックは、日本全国に80院以上を展開している実績あるクリニックです。

薄毛治療に関してもカウンセリングは無料で、フィナステリド配合内服薬の治療を月1,800円からはじめる事ができます。

現在はオンライン無料カウンセリングも行なっており、下記の公式サイトのURLより無料カウンセリングの予約ができます。

湘南美容クリニック公式サイト
公式HP

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬(フィナステリド、ザガーロ等)・・・・・1,800円/月〜
  • 外用薬(ミノキシジルとフィナステリドが配合されたオリジナルスプレー)・・・・・8,318円/月〜
  • スマートFUE植毛・・・・・396,000円/500グラフト〜

診療時間

10:00 ~ 19:00
(無休)

おわりに

フィナステリドとミノキシジルそれぞれの効果や副作用、価格などを徹底的に比較しましたが、いかがでしたでしょうか。

オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 や【湘南美容クリニック】では、スマホを使ったオンライン無料カウンセリングをしてもらえますので、まずは無料カウンセリングで薄毛の診断や相談をしてもらうと良いでしょう。

あなたの薄毛の悩みを相談するだけで、悩みが少し軽くなるかもしれません。

こちらの記事が、あなたの薄毛の悩みをいち早く解決できるための参考になれば、幸いです。