薄毛の原因と対策

フィナステリドとデュタステリドの効果や副作用、価格を徹底比較!

フィナステリドとデュタステリドを比較

男性用薄毛治療薬としてよく使われるフィナステリドとデュタステリドですが、この2つの成分にはどのような違いがあるのでしょうか?

この記事では男性の薄毛(AGA)治療で使われているフィナステリドデュタステリドの効果や副作用、価格の違いを徹底比較しています。

フィナステリドとデュタステリドの効果や副作用、価格を徹底比較!

フィナステリドとデュタステリドを比較して違いを知ることにより、自分の薄毛治療にはどちらが良いのか、また、フィナステリドやデュタステリドで現在治療を行なっている人が、本当に今の治療でよいのかを確認することが出来ます。

フィナステリドとデュタステリドの違いを理解するために、まずは男性の薄毛のメカニズムを理解しておきましょう。

男性の薄毛のメカニズム

実は男性の薄毛の多くは、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンが原因です。

脱毛ホルモンが原因の男性の薄毛を、AGA(男性型脱毛症)と呼んでいます。

下の図をご覧ください。

ジヒドロテストステロンが発生する仕組みの画像

毛乳頭細胞には5αリダクターゼという成分が存在し、この5αリダクターゼにテストステロンという男性ホルモンが組み合わさる事により、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が発生します。

このジヒドロテストステロンという物質こそが、はげを引き起こす原因となります。

新しく生えた髪の毛は、通常2年〜6年かけて成長して抜け落ちるというヘアサイクルを行なっていますが、ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きを低下させてしまい、この正常なヘアサイクルを乱してしまいます。その結果、髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。

下の図は、正常なヘアサイクルと乱れたヘアサイクルのわかりやすい比較画像です。

ヘアサイクルの画像

正常なヘアサイクルは、髪が生えてから2年〜6年かけて成長していき、成長が止まり、抜けてまた新しい髪が生えてきます。

ですが、男性の薄毛(AGA)の場合、髪が生えてから十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。

枕元や髪を洗った後の抜け毛をチェックして、以下の写真のように短い髪の毛が多い場合は、ほぼ間違いなくAGAです。

短い髪の毛の画像

この、髪の毛の正常なサイクルを乱してしまうのがジヒドロテストステロン(DHT)という物質で、ジヒドロテストステロンこそが、男性の薄毛(AGA)の原因です。

フィナステリドとデュタステリドの効果を比較

フィナステリドの効果

プロペシアのイメージ

出典:新橋駅前クリニック

フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した【薄毛を食い止める薬】で、フィナステリドの成分を配合した内服薬はプロペシアという商品名で多くの国で販売されています。

プロペシアは薬局では買えず、AGA専門クリニックや薄毛治療を行っている病院でしか手に入りません。(一部のECサイトでは、違法な輸入品や偽物が出回っているようなので注意してください)

薄毛(AGA)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)は、頭皮にある5αリダクターゼⅡ型という物質が血液中にある男性ホルモンのテストステロンと結びつくことによって発生します。

プロペシアに含まれているフィナステリドという成分は、5αリダクターゼⅡ型の働きを抑える効果があり、結果的にジヒドロテストステロン(DHT)の発生を防ぐため、AGAに効果があると言われています。

デュタステリドの効果

ザガーロのイメージ

出典:新橋駅前クリニック

フィナステリド(プロペシア)は5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害する効果があると解説しましたが、実は5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。

デュタステリドは、5αリダクターゼⅡ型だけでなくⅠ型の働きも阻害してくれます。

ですので、デュタステリド(ザガーロ)はフィナステリド(プロペシア)よりもより強力に薄毛治療に効果があると考えられています。

5αリダクターゼⅡ型は主に頭頂部や前頭部に多く存在し、5αリダクターゼⅠ型は側頭部や後頭部に多いと言われていますので、頭頂部や前頭部の薄毛が気になっているのであればフィナステリドで十分という考え方もありますが、より強い改善効果を期待するのであればデュタステリドという選択肢になります。

フィナステリドとデュタステリドの副作用の比較

フィナステリドの副作用

フィナステリド(プロペシア)の副作用は、下記の症例が報告されています。

承認時の国内臨床試験において、調査症例276例中副作用は12例(4.3%)
リビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)、その他9例(射精障害、精液量減少、下痢、胃不快感等)(いずれも1%未満)

出典:浜松町第一クリニック

主に

  • リビドー減退(性欲減退)
  • 勃起機能不全
  • 射精障害

など、生殖器に関わる副作用が報告されています。

リビドー減退(性欲減退)は、フィナステリド(プロペシア)の副作用として最も多く報告されている副作用ですが、全体のわずか1.1%で、勃起機能不全は0.7%、その他の副作用も1%未満の発症ですので、過敏になる必要は無いと思いますが、使用中にもしも上記の副作用や違和感を感じたら、すぐに医師に相談しましょう。

デュタステリドの副作用

デュタステリド(ザガーロ)には、下記の副作用が報告されています。

第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において、本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)
勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)

日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)
リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)(承認時)

出典:浜松町第一クリニック

デュタステリド(ザガーロ)の副作用もフィナステリド(プロペシア)と同じように生殖器に関わる副作用が多いです。

副作用の全体的な発生率は、プロペシアの4.3%に比べてザガーロは17.1%と、少し高くなっています。

薄毛治療への効果が高いのと比例して、副作用の発生率も高いということになります。

フィナステリドとデュタステリドを安全に低価格で使用するには?

上記のように、フィナステリド(プロペシア)もデュタステリド(ザガーロ)も副作用がありますので、安全に使用するには医師の診察が必要になってきます。

オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 や【湘南美容クリニック】のような薄毛治療が得意なクリニックで処方してもらえば、フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を安全に使用することができるでしょう。

フィナステリド(プロペシア)の日本での特許は2015年に切れており、プロペシアの後発医薬品(ジェネリック薬)が作られています。

通常4,000円〜7,000円ほどの価格で販売されているフィナステリド配合内服薬ですが、上記の2つのクリニックでは、フィナステリド配合内服薬を1,800円(一ヶ月分)から扱っていますので、とても低価格で薄毛治療を始める事ができますので、薄毛治療を始めるにあたってあまり予算が無いという方にもおすすめです。

また、先程ご紹介したオンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 や【湘南美容クリニック】でもデュタステリド(ザガーロ)を取り扱っていますが、値段はフィナステリド(プロペシア)よりも高価になります。各クリニックのデュタステリド(ザガーロ)の価格を記載しておきます。

AGAヘアクリニックのデュタステリドの価格
  • 8,000円/月
  • オンライン診療の場合7,200円/月
湘南美容クリニックのデュタステリドの価格
  • 初回5,830円/月
  • 2回目以降9,900円/月

参考:【髪の毛を増やす薬】ミノキシジルの効果と副作用は?

フィナステリドやデュタステリドなどの薄毛を食い止める薬に対し、髪の毛を増やす効果がある薬と言われている厚生労働省が認可した唯一の成分が、ミノキシジルです。

ミノキシジルのイメージ

出典:新橋駅前クリニック

ミノキシジルの成分は、本来は薄毛治療用の薬ではありませんでした。

ミノキシジルの血管を広げる作用により、血圧を下げる薬として使われていましたが、使用した人の体毛が濃くなったという副作用から、薄毛治療用に改良されて現在のミノキシジル配合薄毛治療薬が開発されました。

そもそも頭頂部や前頭部の毛細血管は非常に細く、血液によって運ばれる栄養素がなかなか行き渡らないという現象が起こります。そこで、ミノキシジルの作用によって頭部の毛細血管を広げて血液を行き渡らせ、頭頂部や前頭部にしっかりと栄養を与えることにより、髪を増やす効果が期待できるという仕組みです。

ミノキシジルは、厚生労働省が認可した医薬品であるため、副作用の報告もされていますので、気になるミノキシジルの副作用を解説していきます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用は外用薬と内服薬によって異なります。

それぞれ解説していきます。

ミノキシジル外用薬の副作用

薬局で唯一購入できるミノキシジル配合外用薬「リアップ」の製造販売を行っている大正製薬株式会社では、下記の報告書をあげています。

副作用発現症例は3,072例中271例(8.82%)、378件であった。 378件の内訳は、「適用部位そう痒感」123件、「適用部位発疹」43件、「頭部粃糠疹」 33件、「接触性皮膚炎」32件、「適用部位紅斑」31件、「適用部位刺激感」13件、「頭痛」 10件、「浮動性めまい」「動悸」「適用部位乾燥」「血圧上昇」が各6件、「適用部位疼痛」 「適用部位熱感」「適用部位腫脹」が各4件、「末梢性浮腫」「適用部位分泌物」「心拍数 増加」が各3件、「眼痛」「耳鳴」「発疹」「裂毛」「蕁麻疹」「皮膚のつっぱり感」「適 用部位炎症」「適用部位発汗」「適用部位変色」「適用部位びらん」「適用部位痂皮」が 各2件、「不眠症」「体位性めまい」「感覚鈍麻」「睡眠の質低下」「眼瞼炎」「眼充血」 「霧視」「心不全」「ほてり」「腹痛」「上腹部痛」「紅斑」「毛髪変色」「毛髪障害」 「多毛症」「そう痒症」「脂漏性皮膚炎」「夜間頻尿」「適用部位浮腫」「胸痛」「浮腫」 「適用部位異常感覚」「適用部位皮膚剥脱」「アラニンアミノトランスフェラーゼ増加」 「眼圧上昇」「血中アルカリホスファターゼ増加」が各1件であった。

出典:大正製薬株式会社

2件以上あったミノキシジルの副作用の症例を分かりやすくまとめると、下記のようになります。

  • 頭皮のトラブル(かゆみ・発疹・ほてり・乾燥・炎症など)
  • 動悸
  • 頭痛・眼痛
  • 蕁麻疹

1つずつ詳しく解説していきます。

頭皮のトラブル(かゆみ・発疹・ほてり・乾燥・炎症など)

ミノキシジル外用薬を使用した際、一番多く発症した症状が、塗布部分の痒みです。また、発疹ができたり炎症を起こしてしまったりと、塗布部分に何かしらのトラブルが起こってしまう可能性があります。

筆者もミノキシジル外用薬を使用してすぐに痒みと発疹が出てしまい、使用を中断しました。

動悸

動悸とは、心臓の鼓動が激しくなったり脈が乱れたりする症状で、ミノキシジルの血行を良くする作用により起こってしまうものです。

頭痛・眼痛

頭痛や眼痛も、ミノキシジルの血行促進作用により起こってしまうものと考えられています。

蕁麻疹

蕁麻疹は皮膚が赤く腫れて発疹してしまう症状で、頭皮トラブルの一種です。

 

では次に、ミノキシジル内服薬の副作用を解説していきます。

ミノキシジル内服薬の副作用

ミノキシジル内服薬の副作用は、下記の症状があります。

①頭皮のかゆみや炎症  ②血圧低下や心拍数の増加  ③頭痛やめまい
④体重増加  ⑤手足のむくみ   ⑥多毛症(タブレットタイプのみ)

出典:聖心毛髪再生外来

ミノキシジル内服薬は、ミノキシジル外用薬に比べて多毛症という副作用があります。

多毛症

多毛症とは、ミノキシジルの血管を広げる働きが、頭皮だけでなく体全体に作用することにより、起こる副作用です。

実際に筆者は現在ミノキシジルタブレットを服用していますが、体毛の増加はありませんでしたが、頬の産毛がほんの少し伸びたかなという印象で、むしろ薬の効果が現れているんだなと、ミノキシジルの効果を実感しています。

血行が良くなることにより、頭痛やめまい、心拍数の増加なども副作用として挙げられています。

また、ミノキシジル内服薬はむくみも起こる可能性があります。なぜかというと、ミノキシジルの作用により血行が良くなって血液が薄まり、体が血液濃度を戻そうと血液から水分を排出することによって起こります。

ミノキシジルは危険!?

【髪の毛を増やす薬】であるミノキシジルの効果や副作用を解説してきましたが、【薄毛を食い止める薬】であるフィナステリドやデュタステリドよりも副作用の発症率が多いということが分かります。

ミノキシジル外用薬は大正製薬の「リアップ」など、薬局で購入出来るものがありますが、やはり安全に使用するには薄毛治療専門クリニックなどで医師の診察のもと使用していく事をおすすめします。

おわりに

フィナステリドとデュタステリドは同じように薄毛を食い止める薬ですが、フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害するのに対し、デュタステリドは5αリダクターゼⅡ型とⅠ型の両方の働きを阻害するという違いがあります。

そのため、副作用もフィナステリドよりデュタステリドの方が症例が多いということも事実です。

価格はフィナステリドのほうが安く、フィナステリドは現在ジェネリック薬も販売されていますので、より安く薄毛治療を行うことが出来ます。

先程ご紹介したオンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 や、全国に80院以上を展開する湘南美容クリニックではフィナステリドやデュタステリドをとても安い価格で処方しており、通常4,000円〜7,000円ほどの価格で販売されているフィナステリド配合内服薬に関しては1,800円(一ヶ月分)という価格で処方してもらえますので、気になった方は一度オンラインで無料カウンセリングを受けてみると良いでしょう。

AGAヘアクリニックと湘南美容クリニックの詳細を下に記載しておきます

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックは、東京の秋葉原に本院があるのですが、日本全国どこからでもスマホのビデオ通話を使った診察が可能です。

無料カウンセリング後、予算や改善目標を相談しながら最適な治療薬を低価格で処方してもらえます。

薬は配送してもらえますので、まずは投薬の治療から始めたいという方や、とりあえず無料カウンセリングをしてもらって治療するかを決めたいという方にとっては、非常におすすめです。

▼公式サイトのURLより、無料カウンセリングと診察の予約ができます。

AGAヘアクリニックの公式サイト
オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬・・・・・(フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル内服薬など)1,800円/月〜
  • 外用薬(ミノキシジル外用薬など)・・・・・12,000円/月〜
  • オリジナルシャンプー・・・・・3,500円/本〜

診療時間

10:00 ~ 20:00
(無休)

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの画像

湘南美容クリニックは、日本全国に80院以上を展開している実績あるクリニックです。

薄毛治療に関してもカウンセリングは無料で、フィナステリド配合内服薬の治療を月1,800円からはじめる事ができます。

現在はオンライン無料カウンセリングも行なっており、下記の公式サイトのURLより無料カウンセリングの予約ができます。

湘南美容クリニック公式サイト
公式HP

主な治療内容と費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 内服薬(フィナステリド、ザガーロ等)・・・・・1,800円/月〜
  • 外用薬(ミノキシジルとフィナステリドが配合されたオリジナルスプレー)・・・・・8,318円/月〜
  • スマートFUE植毛・・・・・396,000円/500グラフト〜

診療時間

10:00 ~ 19:00
(無休)

こちらの記事が、あなたの薄毛の悩みをいち早く解決できるための参考になれば、幸いです。