【男性の薄毛】原因・対策

頭頂部の薄毛は治る?間違った治療法とは?

つむじはげの画像

頭頂部の薄毛が気になると、階段やエスカレーターを降りる時や椅子に座っている時などに、後ろからの視線が気になって仕方ありませんよね。

筆者も頭頂部の薄毛が気になって生活がしづらい時期がありましたが、薄毛治療薬を飲み続けて現在では後ろからの視線も気になりません。

本記事では、頭頂部の薄毛の状態によって違う薄毛の治療法を解説していますので、あなたの頭頂部の薄毛を治す近道となるでしょう。

頭頂部の薄毛は治る?間違った治療法とは?

まず結論から申し上げますと、正しい治療を行えば頭頂部の薄毛はかなりの確率で治ります。

ですが、あなたの頭頂部の状態に最適な治療法を選ばずに間違った治療法を行っていると、せっかく時間とお金をかけて治療をしても全く効果が出ないという場合もあります。

「あなたの頭頂部にはまだ髪の毛がありますか?」

もし、まだあなたの頭頂部に髪の毛がある場合は、下記の治療で改善する可能性は十分にあります。

  • 1.飲み薬
  • 2.塗り薬
  • 3.育毛メソセラピー
  • 4.HARG療法

ですが、すでに頭頂部に髪の毛はほとんど残っておらずツルツルした状態なのであれば、上記の治療法では改善出来ないでしょう。なぜなら、ツルツルになってしまった頭頂部の毛根は死滅してしまっているため、二度と髪の毛が生えない状態だからです。

頭頂部に髪の毛はほとんど残っておらずツルツルした状態の方には、下記の治療法が有効です。

  • 5.自毛植毛
  • 6.人工毛植毛

1.飲み薬

頭頂部の薄毛治療で最初に行いたいのが飲み薬での治療です。薄毛治療用の飲み薬には主に下記の4種類あります。

  • プロペシア(男性専用)
  • ザガーロ(男性専用)
  • パントガール(女性用)
  • ミノキシジル内服薬

プロペシアの画像出典:新橋駅前クリニックザガーロの画像出典:新橋駅前クリニック

プロペシアザガーロは、男性の薄毛を食い止める効果が期待できる成分です。
(女性が服用するとホルモンバランスを乱す危険性があるので、女性の服用は禁止されています。)

その代わり、女性用の飲み薬としてパントガールというサプリメントがあります。

パントガールの画像

出典:AGAスキンクリニック

また、発毛作用が期待できるミノキシジルという成分があり、ミノキシジル内服薬は髪の毛を増やす効果が期待できます。男性の場合はプロペシアやザガーロ、女性の場合はパントガールと併用して使うのが一般的です。

プロペシアやザガーロ、パントガールやミノキシジル内服薬などの薄毛治療用飲み薬は薬局では買えず、主に薄毛治療専門クリニックで処方してもらいます。(一部のECサイトでは、違法な輸入品や偽物が出回っているようなので注意してください)

また、プロペシアのジェネリック薬にはフィナステリド、ザガーロのジェネリック薬にはデュタステリドという薬もありますが、これらも薬局では販売されていませんので、クリニックで処方してもらいます。

一点注意していただきたいのが、プロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)・ミノキシジル内服薬には下記の副作用が報告されているということです。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

承認時の国内臨床試験において、調査症例276例中副作用は12例(4.3%)
リビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)、その他9例(射精障害、精液量減少、下痢、胃不快感等)(いずれも1%未満)

出典:浜松町第一クリニック

ザガーロ(デュタステリド)の副作用

第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において、本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)
勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)

日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)
リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)(承認時)

出典:浜松町第一クリニック

ミノキシジル内服薬の副作用

①頭皮のかゆみや炎症  ②血圧低下や心拍数の増加  ③頭痛やめまい
④体重増加  ⑤手足のむくみ   ⑥多毛症(タブレットタイプのみ)

出典:聖心毛髪再生外来

そのため、プロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)・ミノキシジル内服薬を使って治療をする場合は、医師の診察のもと服用し、異常を感じた場合はすぐに医師に相談しましょう。

2.塗り薬

日本で唯一発毛効果が認められている成分がミノキシジルです。そのミノキシジルを配合した塗り薬も、頭頂部の薄毛対策には効果が期待できます。

市販のミノキシジル配合外用薬で有名なのは大正製薬の「リアップ」です。

リアップの画像

出典:大正製薬

ミノキシジル配合外用薬は、ミノキシジル配合内服薬と違い、薬局で購入する事が可能ですので、一番手軽に始められる薄毛対策法かもしれません。ですが、ミノキシジルの飲み薬同様に副作用の心配があります。

薬局で唯一購入できるミノキシジル配合外用薬「リアップ」の製造販売を行っている大正製薬株式会社では、下記の報告書をあげています。

副作用発現症例は3,072例中271例(8.82%)、378件であった。 378件の内訳は、「適用部位そう痒感」123件、「適用部位発疹」43件、「頭部粃糠疹」 33件、「接触性皮膚炎」32件、「適用部位紅斑」31件、「適用部位刺激感」13件、「頭痛」 10件、「浮動性めまい」「動悸」「適用部位乾燥」「血圧上昇」が各6件、「適用部位疼痛」 「適用部位熱感」「適用部位腫脹」が各4件、「末梢性浮腫」「適用部位分泌物」「心拍数 増加」が各3件、「眼痛」「耳鳴」「発疹」「裂毛」「蕁麻疹」「皮膚のつっぱり感」「適 用部位炎症」「適用部位発汗」「適用部位変色」「適用部位びらん」「適用部位痂皮」が 各2件、「不眠症」「体位性めまい」「感覚鈍麻」「睡眠の質低下」「眼瞼炎」「眼充血」 「霧視」「心不全」「ほてり」「腹痛」「上腹部痛」「紅斑」「毛髪変色」「毛髪障害」 「多毛症」「そう痒症」「脂漏性皮膚炎」「夜間頻尿」「適用部位浮腫」「胸痛」「浮腫」 「適用部位異常感覚」「適用部位皮膚剥脱」「アラニンアミノトランスフェラーゼ増加」 「眼圧上昇」「血中アルカリホスファターゼ増加」が各1件であった。

出典:大正製薬株式会社

筆者も薄毛治療を始めるにあたって最初に使ったのがリアップだったのですが、かゆみが生じたため使うのをやめてしまいました。現在はプロペシアのジェネリック薬とミノキシジル内服薬を服用しています。

3.育毛メソセラピー

育毛メソセラピーの画像

出典:AGAスキンクリニック

育毛メソセラピーは、頭皮に髪の毛の成長因子を直接注入し、発毛促進を施す効果が期待できる治療法です。

月に1〜2回の施術が必要で費用も高額になってきますので、飲み薬や塗り薬で薄毛が改善しない場合の選択肢として考えるのが良いでしょう。

4.HARG

HARGの画像

出典:ゴリラクリニック

HARGもメソセラピーと同じように、頭皮に有効成分を注入する治療法ですが、育毛メソセラピーと違う点は、育毛メソセラピーの成分であるビタミンやアミノ酸等をブレンドしたも他に、幹細胞から抽出した成長因子を含むタンパクAAPEから生成したHARGパウダーを頭皮に直接注入することです。

さらに、育毛メソセラピーは治療をやめてしまうと効果が無くなってしまうのに対し、HARGは治療をやめても効果が持続するという違いがあります。

育毛メソセラピー以上に高額(最安のクリニックでも1回80,000円〜)になりますので、飲み薬や塗り薬で薄毛が改善しない場合の選択肢として考えるのが良いでしょう。

5.自毛植毛

自毛植毛の画像

出典:AGAスキンクリニック

自毛植毛とは、薄毛が起こりにくい後頭部や側頭部の髪の毛を毛根ごと取り出し、髪の毛が少なくなっている部分に植え付ける方法です。

ですので、ほとんど髪の毛が無い部分にも治療が可能です。

自毛植毛には主に下記の2種類の技法があります。

  • FUE法(髪の毛を一株ずつ取り出して移植する方法)
  • FUT法(髪の毛複数本を帯状に一度で取り出したのち、一株ずつに分けて移植する方法)

6.人工毛植毛

人工毛植毛は、合成繊維(ポリエステルやナイロン)で作った人工毛を頭皮に植え付ける方法です。

どんなに髪の毛が少ない人でもすぐに薄毛を改善出来る方法ですが、頭皮が炎症を起こしやすくなってしまったり、体の免疫システムによって植えた人工毛が異物と判断されて抜け落ちるため定期的に人工毛植毛を繰り返さなければならない、といったデメリットがあります。

そのようなことから、植毛先進国であるアメリカでは、人工毛の植毛は問題があるとして法律で禁止されています。

育毛剤や育毛サプリメントでは治らない?

現在ではネットの通販サイトなどでとても多くの育毛剤や育毛サプリメントが販売されていますが、頭頂部の薄毛を治す効果が期待できるものはほとんどありません。

なぜなら、育毛剤や育毛サプリメントは今ある毛を育てる効果が期待できるものだからです。髪の毛を増やしたり抜け毛を防ぐ事が出来るのは、クリニックで処方されている薬のみです。

ただし、今ある髪の毛のボリュームをアップさせて薄毛を目立たせなくする効果は期待出来なくもありませんが、薄毛が目立ってしまっている状態の髪の毛の量であれば、あまり期待をしないほうが良いでしょう。

現在薄毛治療を行っているクリニックで処方される薄毛治療薬はジェネリック薬が増えたため、とても安く購入することが可能です。

特に治療薬が安かったのが【AGAスキンクリニック】と【AGAヘアクリニック】でした。

AGAスキンクリニック】では一ヶ月分の薄毛治療が3,700円から購入できます。また、オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】 では一ヶ月分の薄毛治療が1,800円という業界最安の価格帯で購入できます。

上記の2つのクリニックではスマホを使ったオンライン無料カウンセリングも行っていますので、カウンセリングを受けるだけでも少し気が楽になるでしょう。カウンセリングだけでしたら完全無料ですし、そのまま治療を希望すれば診察も無料で行ってくれます。

飲み薬や塗り薬だけの治療でしたら薬は郵送してもらえ、送られてくる薬の梱包は薄毛治療薬が入っているとは分からないようにしっかりと配慮されています。

全て自宅にいながら完結しますのでとても便利ですし、育毛剤や育毛サプリメントを購入するのと同じような値段で薄毛治療が出来るのであれば、薄毛治療を選択した方が良いでしょう。

おわりに

頭頂部の薄毛を治すには、あなたの頭頂部の状態に合った治療を行うことが重要です。

ぜひ、あなたに最適な治療法で治療を行い、悩みの無い快適な生活を送ってください。

本記事が、あなたの頭頂部の薄毛の悩みを解決するお役に立てば、幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です